雛祭り

Share on Facebook

もうすぐ3月3日雛祭りですね!
女の子が居るお家ではもうお雛様を飾っているかと思います。

雛祭りはいつ頃から始まったのかは、はっきりしていなく平安時代の京都では既に平安貴族の女の子の遊びごととして
行われていた記録が現存しているそうです。

江戸時代になり女の子の「人形遊び」と節物の「節句の儀式」と結びつき、全国に広まり、飾られるようになったそうです。

「雛あそび」が節句としての「雛祭り」へと変わったのは天正年間以降で、
この時代から三月の節句の祓に雛祭りを行うようになったと言われています。

この時代には飾り物としての古の形式と、一生の災厄をこの人形に身代りさせるという祭礼的意味合いが強くなり、
武家子女など身分の高い女性の嫁入り道具の家財のひとつに数えられるようになり、その為、自然と華美になり、より贅沢なものへなっていきました。

よくお雛様を早く終わないと結婚するのが遅れる・・
なんて言葉を聞いたことありますよね?

親としては、本当なの?・・ただの迷信でしょ?と思う反面、もし、本当なら・・・と心配してしまう
親も多いかもしれません。

実際は迷信みたいですが、その言い伝えには理由があるみたいです!

まず、ひな祭りは、元々、ひな人形を川に流して、季節の 変わり目などに起こるとされる悪い出来事から身を守る
風習として伝えられてきました。

つまり、「厄払い」の意味があるのですが、その大切にしてきた言い伝えが今に残っているみたいです。

そして、3月3日を過ぎても、ひな人形を出したままにしておくことで、「だらしない、しつけができていない」
という印象を与えてしまう。
そういう悪い印象を与えないようにするために、雛人形を早く終わないと、結婚に遅れてしまう・・という
言い伝えが伝わったようです。

そういうことを踏まえて、昔の人は、雛人形にたとえて、戒めの意味も込めて、そう言ったのでしょう。

もちろん、迷信、言い伝えですので、出しっぱなしにしておいても結婚できなくなることはありません。

しかし、昔の人の言い伝えというのは、全て迷信で片付けてしまわないで、今も残っているというのは何か理由があるから
だと思います。

自分にも娘がいるのですが、早く片付けた方がいいのか、少し長めに出しておいた方がいいのか考えどころです。
高崎店の田口でした。

コメントは受け付けていません。