元気に豆まきやりましょう!

Share on Facebook

高崎店 店長の田口です。

年が明けたばかりと思っていたらもう1月も終わりで,春にだんだん近づいているということですね。

今日は暦上では春になる時期に行われる節分について書きたいと思います。

節分は季節の分かれ目の意味で、もともとは、立春、立夏、立秋、立冬のそれぞれの前日を指していたそうです。

節分が特に立春の前日をさすようになった由来は冬から春になる時期を1年の境とし、現在の大晦日と同じように考えていたみたいで、春の節分に豆をまく行事は中国から伝わったもので、疫病などをもたらす悪い鬼を追い払う儀式で慶雲3年に宮中で始められたのが始まりだそうです。

豆まきは一般的に、一家の主人あるいは「年男」(その年の干支生まれの人)が豆をまくものとされていますが、家庭によっては家族全員で、というところも多いようです。

ただ、豆まきに使う豆は炒った豆でなくてはなりません。なぜなら、生の豆を使うと拾い忘れた豆から芽が出てしまうと縁起が悪いからだそうです。「炒る」は「射る」にも通じ、また、鬼や大豆は陰陽五行説(「木」「火」「土」「金」「水」の五行)の「金」にあたり、この「金」の作用を滅するといわれる「火」で大豆を炒ることで、鬼を封じ込めるという意味があります。

豆まきと言えば豆を撒き、撒かれた豆を自分の年齢(数え年)の数だけ食べる。また、自分の年の数の1つ多く食べると、体が丈夫になり、風邪をひかないという習わしがあるところもあるそうです。

ちなみに、自分の地域では「福は内、鬼も内」とどちらも呼び込みます。

まだまだ寒い日は続きますが、大寒も過ぎたので寒さもあと半分です。外出するときは身体を冷やさないように防寒対策をしっかりして出かけましょう。

高崎店 店長の田口でした。

コメントは受け付けていません。